売電収入のこれまでの実績と、これからの見通し

太陽光発電と売電収入

太陽光発電パネルを設置すると個人でも企業でも発電を行い、余った電力は売ることができます。その利益を収入にしていこうという考え方が広まったのは、国が固定価格買取制度を定めた影響が大きいでしょう。これは10年または20年の間は固定価格で電気を買い取ることを定めたものであり、電気料金の相場の変動にかかわらず収入が得られる魅力が生じました。
特にエコな方法での発電が望まれている状況が続いているため、太陽光のエネルギーを利用できる太陽光発電には高いメリットがあります。売電価格も高めに設定され、設置における助成金も支給されてきていました。そのため、高い実質利回りを実現できる投資方法として利用されてきたのです。

固定価格買取制度の変化の影響

固定価格買取制度は制度が適用されてから長期間に渡って買取価格が一定になるのがメリットですが、買取価格が高いとそれだけ電気料金も高くせざるを得ません。それが経済活動を停滞させる原因にもなるため、国として経済を活性化させるために固定価格買取制度の価格設定が引き下げられました。これは太陽光発電投資をする上では痛手になったのは確かです。
しかし、それでもなお固定価格買取制度は維持されています。売電収入は減ってしまうことになりましたが、安定した価格で売電できる状況に変わりはありません。太陽光発電パネルの性能も向上して発電効率も上がってきているため、確かに収入を得られる方法としてなお太陽光発電投資は有用性が衰えていないのです。

© Copyright Solar Fund. All Rights Reserved.